www.pdfnepal.com

自動車の損害保険には任意保険または自賠責保険の2つのタイプが存在します。任意保険も自賠責保険もまさかのアクシデントなど遭遇したときの補償を想定したものですが実際の中身は細かな点で異なるのです。2つの保険においては補償がなされることが区別されているのです。※相手に対しては、任意保険・自賠責保険どちらでも補償されます。※自分に関しては[任意保険]のみで補償します。※自分の財産へは「任意保険」のみで補償できます。自賠責保険だけでは、自らの怪我あるいはクルマへの賠償などは受けられません。次に相手に向けての賠償などのサポートですが自賠責保険ならば亡くなられた場合は上限額三〇〇〇万円・障害が残った場合最大額で4,000万というように定められています。ただし実際の賠償額が前述した値段を超えることは結構な頻度で起こり得ることに注意しましょう。また加えて相手の所有する車・建築物を毀損した時については事故を起こした人の全くの自己賠償となるという決まりです。だからこそ任意保険が不可欠なのです。被害者の支援を主眼としている任意保険ですが、それ以外にも補償があります。※相手方に対しては、死亡時あるいは怪我の他にも車や不動産といったものの対象を補償します。※自らへは、同伴していた人も込みで死亡時または怪我を補償するのです。※自分の財産についてはクルマを補償してくれるのです。このように数々の面での援助が行き届いているのが任意保険というものの長所です。保険の料金の支出は必要となってしまうのはしょうがないですが、事故が起きた時の相手方のためにも自分のためにも、自動車に安心して乗りたいのであれば入っておきましょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.pdfnepal.com All Rights Reserved.